記事の詳細

日本人で英会話が苦手だという人も多いかもしれませんが、それは子どもの頃の英語の授業で難しいと感じたことが影響しているようです。

何しているのという意味の「What are you doing」という英文があり、日本語では「今日」や「友達と」などの単語が文章の前の方に付いてきますが、英語はその逆で初めに主語が来て、後に「何処で・何時・誰と」などの単語が入るのです。

つまり英会話では後付けするという特徴があり、初めに「何をするのか」という単語で表して、後から「誰と・何時・何処で」という単語を付け加えて話すことができるのです。

「今日は何しているの」という英文に色々と付け足したい場合には、「What are you doing」の語尾にフレーズをどんどん付け足すことにより、より具体的な文章を作ることができるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る